広告

コロナ感染は減少している?ワクチン接種やPCR検査数との関係

世界の感染状況患者様向け

連日、国内の新型コロナウイルス感染者が減少していると報道されている。感染者数減少していることから緊急事態宣言の解除、経済再開に向けた議論が進んでいる。しかし、なんで感染者数が急に減少したのか疑問を抱いている人は少なくないと思います。理由として挙げられている「ワクチン接種割合」やPCR検査数から分析しました。

広告

日本よりワクチン接種割合が高い国の感染状況

世界的にみてワクチン接種が出遅れた日本だったが、急激に増加して世界8位で国民の55.4%が完了している。

国内の55.4%は、接種対象年齢に満たない子どもも含んでいるので、かなりワクチン接種が進んでいるのが分かる。

新型コロナウイルス感染者が減少している理由がワクチン接種なら、同じようにワクチン接種割合が高い国は減少しているはずである。
日本よりワクチン接種割合が高い国の感染状況を見てみましょう。

世界のワクチン

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

日本国内

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

スペイン

スペインは最もワクチン接種割合が進んでいます。
世界第1位で77.41%の割合です。

新型コロナウイルス感染者が減少しています。

スペイン

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

中国

中国の情報は、統制されているため真実なのか疑わしいですが、、、
世界第2位で70.78%の割合です。

新型コロナウイルス感染者を完全に抑え込んでいます。

中国

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

カナダ

世界第3位で69.62%の割合です。

新型コロナウイルス感染者は、減少していません、むしろ増加しているように見えます。

カナダ

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

イタリア

世界第4位で66.17%の割合です。

新型コロナウイルス感染者が減少しています。

イタリア

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

イギリス

世界第5位で65.32%の割合です。

新型コロナウイルス感染者は減少しているように見えません、高止まりしているように見えます。

イギリス

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

フランス

世界第6位で63.71%の割合です。

新型コロナウイルス感染者が減少しています。

フランス

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

ドイツ

世界第7位で62.84%の割合です。

新型コロナウイルス感染者が減少しています。

ドイツ

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

日本

世界第8位で55.4%の割合です。

新型コロナウイルス感染者が減少しています。

 

日本

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

ワクチン接種割合が20%以下の国、感染状況

新型コロナウイルス感染者減少がワクチン接種割合に関係があるのなら、ワクチン接種が進んでいない国は感染者数が増加していることが予想されます。
ワクチン接種割合が20%をきっているインドネシアとインドで見てみましょう。

インドネシア

インドネシアはワクチン接種割合が16.59%です。

新型コロナウイルス感染者数は減少しています。

インドネシア

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

インド

インドはワクチン接種割合が15.03%です。

新型コロナウイルス感染者数が減少しています。

インド

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

まとめ(ワクチン接種割合との関係)

  • 日本よりワクチン接種割合が高い国でも、カナダ・イギリスのように新型コロナウイルス感染者数が増加している国がある。
  • ワクチン接種割合が20%以下と低い国でも、インドネシア・インドのように新型コロナウイルス感染者が減少している国がある。
  • 新型コロナウイルスによるワクチンの効果は科学的な根拠があり疑う余地は無いが、上記のようにワクチン接種割合が進んだから感染者数が減少するという単純なものでは無いのが分かる。
  • カナダ・イギリスから見ても、今後ワクチン接種割合がさらに進んでも新型コロナウイルス感染者が増加する可能性があることが分かる。
  • インドネシア・インドがワクチン接種割合が低いにも関わらず感染者が減少している理由を集団免疫と単純に解釈するのではなく、どうして減少しているのかもっと細かく分析することを期待する。

国内の感染者数減少はPCR検査数に関係があるか?

直近の新型コロナウイルス感染者の減少に対して懐疑的な人は少なくないと思います。
その理由として、PCR検査数を少なくして陽性者数を少なくしているのでは無いかと噂している人がいます、はたしてPCR検査数は減少しているのでしょうか?

国内の感染者数

国内の感染状況は、8月後半に21都道府県に緊急事態宣言が拡大されたのがピークで減少しているのが分かります。
このグラフだけみると、緊急事態宣言の効果があり減少したといえますが、、、

国内

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

国内の重症者数

国内の重症者数は9月2日頃をピークにして、減少しましたが、高止まりで推移しているとも見えます。
報道されているように若い世代の感染者が多いのであれば重症者数はもっと減少してもおかしく無いと思います。

重症者数

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

PCR検査の実施件数

国内の感染者数の推移とPCR検査数の推移がかなり似ています。
感染者数がピークになった後に、なぜPCR検査数が減少しているのか分かりません。

PCR検査数が減少しているのであれば新規感染者数が減るのは当然です。
逆に、PCR検査数が減少しているのに新規感染者数が増えているのであれば、それはかなりやばい状況といえます。

PCR検査数が減少している状況での新規感染者数の減少を、新規感染者が減っていると喜んでいて良いのでしょうか?
ワクチン接種割合が日本より高い国でも感染者数が増加しているカナダ・イギリスのようにならないように政府には妥当な判断をしていただきたい。

PCR検査

出典:NHK特設サイト「新型コロナウイルス」

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました