広告

理学療法士の悩み【給料が安い】iDeCoで問題解決!

理学療法士リハビリ向け

理学療法士が抱える悩みに「給料が安い」がありますが、年収が低い、給料が増えないという欠点はiDeCoをやることで解決できます。

広告

理学療法士の年収

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」にて公表されている「理学療法士、作業療法士」に関する基本情報をまとめたものによると
理学療法士の年収

出典:求人ボックス給料ナビ

iDeCoについて

iDeCoとは

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度で、加入は任意です、 3つの税制優遇メリットを受けられます。

3つの税制優遇メリット

掛金が全額所得控除される
確定拠出年金の掛金は、全額「小規模企業共済等掛金控除」の対象となり、課税所得額から差し引かれることで所得税・住民税が軽減されます。
確定拠出年金制度内での運用益が非課税で再投資される
金融商品の運用益は課税(源泉分離課税20.315%)対象となりますが、確定拠出年金内の運用商品の運用益については、非課税で再投資されます。
受給時に所得控除を受けられる
受給年齢に到達して確定拠出年金を一時金で受給する場合は「退職所得控除」、年金で受給する場合は「公的年金等控除」の対象となります。

理学療法士の平均年収シミュレーション

条件

サイト:iDeCo加入者診断&節税シミュレーション|モーニングスター
年収:理学療法士の平均年収407万円
現在の年齢:30歳とした
リターン:S&P500インデックスの過去30年の平均リターン9.89%を参考に9%とした
運用期間:30年間
毎月の掛金:12,000円

シミュレーション

入力画面を下に表示します。
簡単な入力でシミュレーションできるので試してみてください。
設定
運用結果
総額:20,424,531円|2,000万円を超えます!
投資額:4,320,000円
30年の運用益:16,104,531円|投資額の4倍に!
30年の控除額:654,000円
運用結果
出典:モーニングスター

理学療法士はコツコツ積立投資に向いている

  • マジメでコツコツ努力するタイプが多いので、コツコツ毎月積立を続けられる
  • 働いているときは安定した労働資産があるので、そこから毎月12,000円を捻出できる
  • 浪費家が少なく、老後資金を貯められるか懸念を持っている人が多い
タイトルとURLをコピーしました