広告

理学療法士の就職先|自分の特徴や適性に合った就職先を選ぶ

職種学生向け

理学療法士にとって、働く業種や就職先の選択はとても重要です。会社のように異動や転勤がなく退職しない限り同じところでずっと働くようになります。自分が楽しく生き生き働くためにも自分の特徴や適性を理解して、少しでも自分に合った業種、就職先を選びましょう。

広告

理学療法士の働く現場・業種

病院

急性期医療(総合病院やクリニック)

急性期医療では、速やかに疾患を治癒させ、スムーズに退院させることが重要です。
手術後すぐにリハビリが開始となることが多いです。
疾患の治療にとっても寝たきり状態でいることは良くありません。
理学療法士の介入により、できるだけ早く無理ない程度の運動は疾患の治癒を促します。
また、無駄に廃用症候群を発生することを予防することになります。

リハビリテーションで治す、改善するというイメージよりは、疾患の治療のために薬や外科的処置や栄養療法と同類に運動療法があり、総合的に治していくという感じです。

リハビリテーションだけが治療のメインではないので、リハビリテーション単独の効果判定をすることは難しいですが、疾患の治癒に伴ってADL・QOLが劇的に改善していくので良くなっていく患者様をサポートするのはとても楽しいです。

回復期、維持期医療(療養型病院や介護保険施設)

回復期、維持期では、疾患により支障がでた運動機能低下や動作制限をリハビリテーションにより改善させ退院に向けたADL向上や環境調整が重要です。
まだ、動作が自立していないので患者様が自分でリハビリテーションを行い改善するのは困難です。
そういった状態にある患者様を、運動療法を中心としたADL練習、歩行練習、QOL向上のための応用動作練習を行って自宅退院を目指します。

リハビリテーションが治療のメインとなるので、リハビリテーション単独の効果判定が容易です。
逆にいうと、リハビリテーションによる良し悪しの判定が患者様のADL能力の改善で評価されるため、やりがいがありますがプレッシャーも高いです。

養成校や研究機関(大学・専門学校、一般企業)

養成校の教育に関わる職員になったり、リハビリテーションの環境に関わる企業に就職する人の割合は少なく、かなり少数派だといえます。
ただ、理学療法士として働くことができる業種が増えるのは、それだけ選択肢が増えることになるので良いことです。

おそらく大学や専門学校の教員になりたくて理学療法士を目指す人はいないと思います。
理学療法士を目指す途中で養成校の教員との関わりから、あるいは、理学療法士として働いていて学生指導から教育に興味を持ち、それらが動機になることが多いと思います。

数年前までは、教員の成り手が少なく売り手市場だったため給料が高く、その点で養成校の教員を選ぶ人も多かったようですが、現在は教員と臨床現場のPTとの給料格差は少なくなっています。

業種別の特徴や適性

職種

急性期医療(総合病院やクリニック)

  • 高いリスク管理能力、臨機応変に対応できる能力が重要!
  • 急性期では患者様の状態が急に変化します、少しの変化の見落としが命取りになることもあります。
  • 短期間で良くなるということは、逆に、治療効果が得られない時は急に悪くなっていくこともあります。
  • 病態の把握や起こり得るリスクを考え、バイタルチェックから患者様の状態を理解することが大事です。
  • 患者様の病態は常に変化しているので、変化に応じて臨機応変に対応できる能力、状況によっては医師や看護師に相談してアドバイスを受ける、処置や検査をしてもらうことが大事です。
  • 患者様との関わる期間は短く、疾患が治癒でリハビリが終了となるので、理学療法士の特徴や適性としてじっくり患者様と向き合いたい、患者様が退院してからもフォローしていきたい、リハビリテーションで良くしたい、治療効果を出したいと考えている人には向いていません。
  • どちらかといえば、せっかちで、何で何でと考え、患者様がどんどん良くなって退院する現場に関わりたいという人には向いています。

回復期、維持期医療(療養型病院や介護保険施設)

  • 回復期、維持期では、疾患による治療は安定しているためリハビリテーションによる治療効果が大きいです。
  • リハビリテーションは、運動療法だけでなく、患者様の生活全般を考慮した福祉用具や自助具を用いたADL練習、自宅生活にむけた住宅改修など理学療法士の業務は拡大します。
  • 医学的な知識や福祉用具の選定能力をはじめ、介護・福祉の制度など幅広い知識が必要になります。
  • 医師や看護師との関係だけでなく、むしろ、社会福祉士やケアマネジャー、福祉用具の人たちとの連携が大事です。
  • 急性期医療より幅広い分野の人たちとの連携が求められるので、相手の合ったコミュニケーション能力が大事です。
  • 難しい専門用語を使うより、分かりやすく説明する能力も求められます。
  • リハビリテーションがメインとなるため、リハビリテーションの良し悪しが患者様のADL・QOLの改善に結果として出るのでやり甲斐が感じられますが、プレッシャーもかかります。
  • 理学療法士の特徴・適正としては、患者様の病気だけでなく生活を見たい、じっくりと関わりたい人に向いています。
  • いろんな業種の人との関わりを苦にしない人、コミュニケーション能力のある人も良いと思います。

養成校や研究機関(大学・専門学校、一般企業)

  • 急性期や回復期・維持期においても教育に関わることができ、研究活動することができます。
  • 養成校や研究機関を選ぶ理由としては、自分の特性や適性、給料の違いが多いと思います。
  • 見るのとやるのとは大違いといいますが、実際に理学療法士になって現場で働いたが楽しいと感じない人もいます。
  • また、出世欲(悪い意味ではないです)があり、現場で限定された枠組みの中だけで仕事することに満足しない人もいます。
  • 50代になって肉体労働がキツイと感じる人もいます、そういった人にとっても選択肢があるのは良いことですね。

まとめ

仕事の役割を果たすことも重要ですが、長く働くためには「働いていて楽しい」と感じることが大切です。
結局のところ生きていくためには自分の適性に合わないと感じても働いていかなくてはいけません。
始めは合わないと思っても、働いているうちに自分が変わって楽しく働けるようになれます。
ただ、自分に合った業種を初めから選べれば自分を変えないで楽しく働けます。
その参考になればと思い、まとめました。

増え続ける理学療法士、それによる医療・介護・福祉の費用拡大をどう解決していくか?
単に患者様・利用者にとって良いからだけでは持続可能な仕組みとは言えない、この問題を養成校や研究機関で働く人たちが知恵を結集して解決してくれることを期待しています。

タイトルとURLをコピーしました