学生向け

リハビリ、理学療法士の学生に向けた記事

学生向け

理学療法士の就職先|自分の特徴や適性に合った就職先を選ぶ

理学療法士にとって、働く業種や就職先の選択はとても重要です。会社のように異動や転勤がなく退職しない限り同じところでずっと働くようになります。自分が楽しく生き生き働くためにも自分の特徴や適性を理解して、少しでも自分に合った業種、就職先を選びましょう。
学生向け

理学療法士になるための養成校の選び方|4つのポイントから選ぶ!

理学療法士は、病院では英語のPhysical Therapistを略してPTの方、リハビリの先生と呼ばれることが多いです。理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。国家資格を受験するためには3〜4年制の養成校を卒業する必要があります。養成校の選び方の4つのポイントを解説します。
学生向け

新型コロナウイルス感染の呼吸リハビリテーション|おすすめ2選

新型コロナウイルス感染による体力低下は著しく、高齢者においては日常生活動作に支障をきたす患者様が多いです。症状が落ち着いたら少しずつ呼吸リハビリを行いましょう。また、呼吸リハビリテーションは普段から行っていても問題ありません。いざと言う時のためにおすすめできる呼吸リハビリテーション2選を紹介します。
学生向け

臨床実習前までに身につける!痛みの評価のポイント5つ

理学療法の評価実習で行う検査・測定に「痛みの評価」があります。臨床実習の前までには身につける痛み評価のポイント3つを解説します。
学生向け

臨床実習前までに身につける!徒手筋力検査(MMT)のポイント5つ

理学療法の評価実習で行う検査・測定に「徒手筋力検査(Manual Muscle Test)現場では略してMMT」があります。臨床実習の前までには身につけるMMTのポイント5つを解説します。
学生向け

臨床実習前までに身につける!関節可動域(ROM)のポイント5つ

理学療法の評価実習で行う検査・測定に「関節可動域検査(Range of motion test)現場では略してROM」があります。臨床実習の前までには身につけるROMのポイント5つを解説します。
広告
タイトルとURLをコピーしました