患者様向け

患者様に向けた記事

患者様向け

1週間で姿勢が良くなる、背が高くなる10の運動|ブライトサイド

世界的に人気のYouTubeチャンネルのブライトサイドの動画に「1週間で背が高くなる10のエクササイズ」というコンテンツがありました。ブライトサイドのコンテンツの評価は賛否が分かれているようですが、それはタイトルがやや強烈なので嘘っぽく感じてしまうのだと思います。ただ、紹介されている内容はリハビリテーションでも姿勢が良くなる運動として実践しているものなのでおすすめです。
患者様向け

Mets(メッツ)の消費カロリーを目標値にしてはダメ!厚生労働省

メタボリックシンドロームを予防や改善するための運動で、消費カロリーを目標値にして運動処方されることが少なくないが、消費カロリーを目標値にした運動処方にはデメリットがあり注意しなくてはいけません。厚生労働省も消費カロリーを目標値にするのは適切でないと報告しています。厚生労働省が推奨するエクササイズという運動単位について解説します。
患者様向け

生活習慣予防のために厚生労働省が推奨する筋力評価と運動!

生活習慣予防のために厚生労働省が推奨している運動を紹介します。運動は自分の筋力に応じた運動量で行うのが効果的です。そのためには、運動を行う前にご自分の筋力を評価するのが必要です。評価と運動が手軽に誰でもできるので是非お試しください。
広告
患者様向け

ファイザー製ワクチン60歳以上に3回接種した効果は?|イスラエル

河野太郎ワクチン担当相が2021年8月29日にフジテレビ番組で新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)について発言したことで話題となった。イスラエルでは2021年7月30日に60歳以上に限定してブースター接種が承認されている。イスラエルで行っている、ブースター接種の効果についての調査があったので報告します。
患者様向け

ファイザー製ワクチンの3回目接種後の副反応は、2回目と変わらず!

河野太郎ワクチン担当相が8月29日のフジテレビ番組で、3回目の追加接種(ブースター接種)について、国内でも実施する場合は、早ければ10月の終わりから11月になると発言した。ブースター接種は2回目の接種を終えてから8ヶ月後に実施する計画で、厚生労働省が検討している。3回目の接種の副反応についてまとめました。
患者様向け

肺炎などで痰が溜まったら、体位ドレナージとハフィングで排痰を!

肺炎などで空気の通り道に痰が溜まると、気道抵抗が増えて呼吸するのに努力が必要となり疲れなすくなる、息切れがおき易くなります。また、さらに痰が溜まると肺に空気が入らなくなる無気肺と呼ばれる状態になります。咳などで普通に痰が出せなくなったら体位ドレナージとハフィングで排痰しましょう。
患者様向け

コロナ感染は減少している?ワクチン接種やPCR検査数との関係

連日、国内の新型コロナウイルス感染者が減少していると報道されている。感染者数減少していることから緊急事態宣言の解除、経済再開に向けた議論が進んでいる。しかし、なんで感染者数が急に減少したのか疑問を抱いている人は少なくないと思います。理由として挙げられている「ワクチン接種割合」やPCR検査数から分析しました。
患者様向け

5分筋トレ!激しい有酸素運動レベルの効果|ブライドサイド

YouTubeブライドサイド(登録者163万人)のコンテンツ『5分筋トレ!激しい有酸素運動レベルの効果』を紹介します。ランニングやスクワットは関節運動なので関節の悪い人が行うと痛みが悪化する懸念がありますが、この運動は関節を動かさない静的な運動なので関節が悪い人でも大丈夫です。また、静的運動は短い時間でも効果絶大ですが、血圧が上がりやすいので気をつけて行ってください。
患者様向け

毎日のウォーキングで体に起こる10の変化|ブライトサイド

YouTubeで163万人登録している人気チャンネル「ブライトサイド」があります。ウォーキングについての動画がありましたので紹介します。動画は面白く楽しく解説しているのですが、内容は研究結果に基づきエビデンスある真実を伝えています。視聴した後の復習用にご活用ください。
患者様向け

頚部の痛み【肩こりだけじゃない】他に18の病気がある

頚部に痛みがあると「肩こり」をイメージする人が多いと思いますが、他にも18の病気があります。特に上肢や下肢にしびれや痛みがあるときは注意が必要です。まずは受診することが大切です。病気のリテラシーを高めるためにご利用ください。
広告
タイトルとURLをコピーしました