広告

毎日のウォーキングで体に起こる10の変化|ブライトサイド

ウォーキング患者様向け

YouTubeで163万人登録している人気チャンネル「ブライトサイド」があります。ウォーキングについての動画がありましたので紹介します。動画は面白く楽しく解説しているのですが、内容は研究結果に基づきエビデンスある真実を伝えています。視聴した後の復習用にご活用ください。

ブライドサイド「毎日のウォーキングで体に起こる10の変化」

広告

毎日のウォーキングで体に起こる10の変化

脳の働きを高める効果

脳

  • 偉大なギリシャの医者「ヒポクラテス」は歩くことは最良の薬であると言いました。
  • ずっと運動をしてきた人々は、座ってばかりのライフスタイルを送る人達に比べ、認知症になりにくい事が分かっています。
  • 運動をすると、脳の中で言葉の記憶や学習を担う海馬が、もっと大きくなるからなのです。
  • ウォーキングは、若年性認知症を予防し、アルツハイマー病になるリスクを下げることが分かりました。
  • また、ウォーキングはストレスを軽減しエンドルフィンが分泌されることで全体的な精神の健康状態を改善します。

視力の改善

  • 将来、緑内障のような目の疾患で悩まなくても良いように、今から目のためにもウォーキングに出かけましょう。
  • ウォーキングは眼圧を下げる効果があります。緑内障の発症リスクを減らし、症状の改善にもなると報告されています。
  • ウォーキングは緑内障だけでなく、全般的な視力の向上にも役立つ。

心臓病の予防

  • 1日30分のウォーキングで、血圧やコレステロール値を下げ、血液循環を向上させられるので、冠動脈心疾患などの深刻な疾患を予防できるのです。
  • 心臓病や心臓発作の予防には、ウォーキングはランニングと同様に効果的だそうです。

肺容量を上げる、心肺機能を高める

人体

  • ウォーキングのおかげで、良質で深い呼吸が得られ、肺病に伴う症状が劇的に改善するのです。
  • 心臓病や心臓発作の予防には、ウォーキングはランニングと同様に効果的だそうです。
  • ウォーキングは有酸素運動なので、血流中の酸素流を上げ、毒素や老廃物を取り除きやすくなり、つまり、肺にとても良いのです。

膵臓への恩恵

  • ウォーキングは、驚くことに、ランニングよりも糖尿病予防には効果的なのです。
  • ウォーキングにより、血糖を効率的に使うことで膵臓のインスリンの過剰分泌を防ぐことができます。

消化の改善

  • 毎日たった30分のウォーキングで、大腸がんのリスクを低下させるだけでなく、消化を改善し、便通を整えます。
  • 慢性の便秘に悩まされている人には特におすすめです。
  • 驚くことに、ウォーキングにより大腸がんの生存率を高めることができたと報告があります。

引き締まった筋肉

  • 簡単なウォーイングで、筋肉を引き締め、体重を落とすことができます。
  • あなたに合ったペースを見出し、ジョギングにはならないようにします。
  • ウォーキングは、体に負担がかからず、回復時間も要しません。
  • ですから、筋肉痛にもならず、翌日も歩くことができるのです。

丈夫な骨と関節

  •   関節炎財団は、関節の痛み、硬直、炎症を和らげるのに少なくとも30分の適度なウォーキングを勧めています。
  • 1日1万歩は、特に大股で歩いたり、上り坂を歩けば、ジムで本格的に運動したのと同じくらいの効果が出ます。
  • ウォーキングは、関節に更なる可動性を与え、骨密度の減少を防ぎ、骨折のリスクでさえも下げます。
  • ウォーキングの姿勢づくりが重要です、背筋をまっすぐにし、肘は90度に曲げ、腕を振り、骨盤を安定させます。

腰痛の緩和

  • ウォーキングは脊髄構造内の血液循環を高め、重要な栄養を軟組織に送り、姿勢と柔軟性を改善できます。
  • これは、健康的な背骨には不可欠なことです。
  • ウォーキングは、高強度の運動中に腰が痛む人にとっては、本当に助かりますよね。

心の落ち着き

  • アイオワ州立大学の研究者グループは、何百人もの大学生を対象に調査しました。
  • 事前にウォーキングの効能を彼らに伝えてはいなかったそうなのですが、ウォーキングで彼らの気分はずっと良くなったとのことです。
  • ウォーキングが、うつ病性障害の患者の症状でさえ改善したのならば、気分が落ち込んでいる程度の状態は、どれほど簡単に改善できるか想像できると思います。
タイトルとURLをコピーしました