2021-10

患者様向け

1週間で姿勢が良くなる、背が高くなる10の運動|ブライトサイド

世界的に人気のYouTubeチャンネルのブライトサイドの動画に「1週間で背が高くなる10のエクササイズ」というコンテンツがありました。ブライトサイドのコンテンツの評価は賛否が分かれているようですが、それはタイトルがやや強烈なので嘘っぽく感じてしまうのだと思います。ただ、紹介されている内容はリハビリテーションでも姿勢が良くなる運動として実践しているものなのでおすすめです。
患者様向け

Mets(メッツ)と厚生労働省の推奨する運動単位の計算方法!

メタボリックシンドロームを予防や改善するための運動で、消費カロリーを目標値にして運動処方されることが少なくないが、消費カロリーを目標値にした運動処方にはデメリットがあり注意しなくてはいけません。厚生労働省も消費カロリーを目標値にするのは適切でないと報告しています。厚生労働省が推奨するエクササイズという運動単位について解説します。
患者様向け

簡単にできる生活習慣予防のための運動と評価、厚生労働省が推奨!

生活習慣予防のために厚生労働省が推奨している運動を紹介します。運動は自分の筋力に応じた運動量で行うのが効果的です。そのためには、運動を行う前にご自分の筋力を評価するのが必要です。紹介する評価と運動は簡単に誰でもできるので、ぜひお試しください。
リハビリ向け

岸田文雄総裁が主張する医療・社会保障制度のビジョンとは?

自民党総裁選が9月29日に行われ、岸田 文雄氏が新総裁に選出された。岸田氏は著書「岸田ビジョン分析から協調へ」の中で、近年は格差拡大、中間層の没落により「勝ち組」「負け組」の分断、国同士の分断も進み問題であるとし、分断の時代に求めらているこそ「協調の精神」であるとしている。医療に対してどう考えているかまとめました。
患者様向け

ファイザー製ワクチン60歳以上に3回接種した効果は?|イスラエル

河野太郎ワクチン担当相が2021年8月29日にフジテレビ番組で新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)について発言したことで話題となった。イスラエルでは2021年7月30日に60歳以上に限定してブースター接種が承認されている。イスラエルで行っている、ブースター接種の効果についての調査があったので報告します。
患者様向け

ファイザー製ワクチンの3回目接種後の副反応は、2回目と変わらず!

河野太郎ワクチン担当相が8月29日のフジテレビ番組で、3回目の追加接種(ブースター接種)について、国内でも実施する場合は、早ければ10月の終わりから11月になると発言した。ブースター接種は2回目の接種を終えてから8ヶ月後に実施する計画で、厚生労働省が検討している。3回目の接種の副反応についてまとめました。
タイトルとURLをコピーしました