2021-08

患者様向け

頚部の痛み【肩こりだけじゃない】他に18の病気がある

頚部に痛みがあると「肩こり」をイメージする人が多いと思いますが、他にも18の病気があります。特に上肢や下肢にしびれや痛みがあるときは注意が必要です。まずは受診することが大切です。病気のリテラシーを高めるためにご利用ください。
患者様向け

大腿骨頸部骨折の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間は?

大腿骨頸部骨折の95%が転倒で発生し、女性の高齢者に多いです。高齢者が下肢を骨折すると骨折する前と比べ移動動作能力が一段階低下するといわれています。リハビリテーションのポイントはケガする前の移動能力まで回復させることができるか?また、転倒した原因を理解して、その対策を考えることです。
患者様向け

人工股関節全置換術の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間

人工股関節全置換術は、さまざまな原因で大腿骨頭や臼蓋が強く変形し、関節が破壊されて痛みや股関節の可動域制限により日常生活動作に支障が生じたときに行う手術です。痛みなく歩いたり生活するために行います。リハビリテーションのポイントは、元の生活動作より良くすることです。
広告
患者様向け

膝関節半月板縫合術の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間

膝関節の中にある半月板は、膝関節のクッションとしての衝撃緩和と膝関節の構造を安定させる役目があります。リハビリテーションのポイントは、膝関節を120度以上曲げると半月板に負担がかかるため術後8週間までは膝を深く曲げないようにトレーニングすることである。
患者様向け

踵骨骨折の術後の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間は?

踵骨骨折は、ほとんどが高所からの転落や階段からの転落が原因で生じます。リハビリテーションのポイントは痛みのため足をかばった歩き方(逃避的な歩行)にならないように、普通に歩けるようにすることです。
患者様向け

人工膝関節全置換術の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間

人工膝関節置換術はもともと変形性膝関節症が悪くなり痛みや関節の可動域制限で日常生活動作に支障がでてきたときに行うことが多いです。痛みの原因をとり除き痛みを感じない人工関節に置き換えることで再び日常生活動作を制限なく動けるようするために行います。リハビリテーションのポイントは関節可動域制限を残さないことです。
患者様向け

脛骨高原骨折の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間は?

脛骨高原骨折は、脛骨プラトー骨折とも言います。スネ(脛骨)の関節面の骨折です。若い人は交通事故や作業時に高所から転落することで骨折します、高齢者は普通に転倒しただけで骨折する場合もあります。リハビリテーションのポイントは膝関節の可動域制限(特に伸展制限)を残さないようにすること、膝を完全に伸ばせるようになることです。
患者様向け

膝前十字靭帯断裂の手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間

膝前十字靭帯は、膝関節の中にある靭帯で膝を安定させる役割をしています。バスケットボールやサッカーなどコンタクトスポーツで膝を捻るときに断裂することが多いです。リハビリテーションのポイントは、再建した靭帯に負担をかけないようにリハビリテーションを進めることです。
患者様向け

腰椎椎間板ヘルニアの手術後から普通に歩けるまでの期間や入院期間

腰椎椎間板ヘルニアは20〜40歳に多く、椎間板が変性(劣化、弾力性がなくなり、もろくなる)して破れて中身が出てくる病気です。リハビリテーションのポイントは痛みを再発させないように回復すること、身体を捻らないようにすることです。痛みが軽減したからといって術後早期から無理すると痛みを再発させることがあるので注意してください。
リハビリ向け

iDeCo・NISAで人気|全世界の比較eMAXIS Slim対SBI

 iDeCoや積立NISAで人気の全世界株式インデックス、全世界株式インデックスに投資するときに、どの投資信託を選ぶか悩むところです。代表的な「eMAIS Slim全世界株式インデックス:オールカントリー」と「SBI全世界株式インデックス:雪だるま」を比較して選ぶときの判断基準を解説します。
広告
タイトルとURLをコピーしました